ノリノリで体操するあの子とあられ雲

「戦略」のことを特別に感じている人って、どれくらいいるのかな。幼い頃の体験や思い込みみたいなのが、「第一歩」と結びついてしまうことって、無きにしも非ずと思うんだ。

親友は泣かず笑わず喋らない

HOME

喜んで吠える友人と横殴りの雪

このようにネットが必需品になることは、子どもだった私はよくわからなかった。
物を扱う商売の人はこれから競争化が進むのではないかと考える。
インターネットを使用し、一番価格の低い物見つけ出すことが可能だから。
競争が進んだところで頻繁に見かけるようになったのが、集客のためのセミナーや商材販売だ。
今は、成功するための方法が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
手段が目的化してしまいそうだ。

自信を持って叫ぶ先生と気の抜けたコーラ
浜辺がとっても近くで、サーフィンのスポットとしても大変有名なスポットの近所に住んでいる。
という理由で、サーフィンをしている方はものすごく多く、出勤の前に朝少しでも波乗りに行くという方も存在する。
そんなふうに、波乗りをしている方が多いので、誘われることがすごく多かったのだけれど、毎回毎回断っていた。
なぜかというと、自分が、運動神経がにぶく、泳げないからです。
けれども、しかし、泳げなくてもできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行ってみたところは上級者が行く場所で、テトラポッドが近くに設置されていて、波乗りのスペースがごく狭い浜辺でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

笑顔で大声を出す兄弟とアスファルトの匂い

家の庭でハンモックに揺られ、気持ちの良いそよ風に身を任せていた、休日の夕方の事。
空には一番星が光り始めていた。少年は、家の猫が「シャギャァッ!」という凄まじい声に驚き、ハンモックからドテッと落下してしまった。
目を凝らして見てみると、我が家の猫は蛇に相対し、全身の毛を逆立てて吠えながら恫喝していた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒ももっていない種類のようだったので、少年は小枝を振って追い返し、猫を抱いて再びハンモックに寝そべった。少年は、ネコの背中を撫ぜてやりつつお腹の上で寝かせ、ゆっくりとハンモックに揺られた。

喜んで自転車をこぐあなたと穴のあいた靴下
遠くの本家で暮らす母もたまらなくかわいいらしい孫のためとして、とてもふんだんにお手製のものを頑張ってつくって届けてくれている。
ミッフィーが大変好みだと話したら、その生地で、作ってくれたが、縫物用の布の金額がたいそう高くてきっきょうしていた。
縫物用の布は縦、横、上下のキャラクターの方向が存在していて手間だそうだ。
しかし、色々、作成してくれて、送ってくれた。
孫はとてもかわいいのだろう。

ゆったりと叫ぶ友達と月夜

切り絵やフォトといった美術が好きだし、デッサンも苦手ではないのに、写真撮影がとても苦手だ。
とは言っても、過去に一丁前に、一眼レフなんか重宝していた時もあり、絶対に持ち歩いたりした。
あまりにも焦点が合わないし、変わったアングルなので、一眼が怒っているようだった。
それは良いとしても、レンズや加工はやっぱり凄くかっこいいと思っている!

よく晴れた休日の早朝に椅子に座る
笑った顔って素敵だなーと感じるので、できるだけ笑顔で過ごせるように気を付けている。
もちろん、時と場合を見て。
でも、他人に押し付けてはいけない。
つまり、一概には言えないけれど個人的な概念として。
先程までシリアスな表情で真剣に商談をこなしていた人が、笑顔になったその瞬間。
これも大好き。
目じりに皺がある人が大好き!と話していた学生時代の友人。
気持ちも理解できるかもしれない。

暑い大安の午後に冷酒を

個人の70パーセントは水分だという研究結果もありますので、水は人間の基盤です。
水の補給を充分に行い、お互いに活発で楽しい季節を過ごしたいものです。
ぎらつく光の中から蝉の鳴き声が聞こえてくるこの時期、いつもはあまり出かけないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策に関して気になる方が多いかもしれません。
暑い時期の肌のお手入れは夏が過ぎた頃に出るといいますので、やっぱり気になってしまう所かもしれません。
そして、誰でも気になっているのが水分補給に関してです。
当然、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの夏の時期ばかりは例外の可能性もあります。
その理由は、多く汗を出して、知らず知らずの間に体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分自身の調子も影響してきます。
ともすると、自分で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑いときの水分摂取は、次の瞬間の具合に表れるといっても言い過ぎではないかもしれないです。
少し外へ出るときにも、ちっちゃいものでオッケーなので、水筒があると非常に便利です。
個人の70パーセントは水分だという研究結果もありますので、水は人間の基盤です。
水の補給を充分に行い、お互いに活発で楽しい季節を過ごしたいものです。

どんよりした土曜の夜は昔を思い出す
健診は、毎回どういうわけか引っかかる。
心音だったり、血液の数値だったり、胃だったり。
胃のレントゲンを発泡剤とバリウムを一杯飲んで受けてみて、結果をもらうと、がんの疑わしさがあるので、即座に、胃の再検査を下記の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったそれに、おっかなかった。
即時に評判の良い病院に再検査に車で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃は前から苦痛があったので、定期的な診断に引っ掛かったのはわかるが、文章で私の名前とがんの疑義があると書きつけてあったらおっかなかった。

騒がしく口笛を吹く子供と季節はずれの雪

よく遊ぶチカコは賢いやつ。
頭が良いんだろうなーと思う。
決して他者を悪く言ったりはしない。
ん?と感じても、まずは相手の気持ちも酌む。
そうしているうちに、許容範囲が広がるし、強くなれるのだ。
考えを主張し通すよりも、こうしている方が彼女にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、その経験を自分のものにする方法をとても分かっている。

ひんやりした大安の晩は歩いてみる
水滸伝の北方版の血が通っていて男らしい登場人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要な登場人物が108人でてくるが、敵方、政府側の人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
人物に現実の人の様な弱さがうかんでくるのもそして、魅了されていたわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に出来るだけ悪戦苦闘しているのが読みふけっていておもしろい。
精読していておもしろい。
だが、心ひかれる作中人物が不幸な目にあったり、希望がなくなっていく描写も心にひびくものがあるから心ひかれる大衆小説だ。

サイトコンテンツ

クマ

サイトコンテンツ


Copyright (c) 2015 親友は泣かず笑わず喋らない All rights reserved.