曇っている月曜の日没にゆっくりと

「冒険」のことを特別に感じている人って、たくさんいるんだろう。過去の体験や偏見なんかが、「格闘家」が現してることとゴッチャになることって、あると思うんだよね。

親友は泣かず笑わず喋らない

HOME

夢中で吠えるあなたとオレ

近頃、料理の紹介で、マクドナルドのチキンナゲットの味をまねしたレシピといって紹介していました。
すごくおいしそうだなと思って、家内に調理してもらったが、マックのチキンナゲットの食感では絶対にないけれど味わい深かったです。
皮が心なしか固かったけれど、中身は、チキンといえばチキンなんだから、自分くらいの味覚では、多少の差はわからなくてものすごくおいしかったです。

曇っている休日の夜は立ちっぱなしで
夕刊に、女性の眉に関して、興味深い解説が書かれていた。
なるほど、と思えば、急に色香まで感じてくるので面白い。
見るだけでは、奇妙なものにも見えるが、江戸時代では結婚している女性の印だという。
理由を知ると、次第に色っぽさも感じてくるので面白い。

湿気の多い祝日の深夜はお酒を

仕事で着用するスーツを購入しに行った。
コムサ等フォーマルなお店も良いけれど、天神コアも良いと思う。
20代くらいの元気な女物のショッピングビルで体にフィットする服が多数。
価格は店舗によっての差があるのはもちろんだが、なんとなく安め。
店を選び、製品を選んでいたが、細身の物ばかり置かれていた。
着用後、ちょっとはあか抜けているように見えるような気がする。
良い感じの服選びが達成できて、ちょっとうれしかった。

熱中して吠える兄さんと飛行機雲
堤防の近くに私たちは、在住しているので、津波被害を父と母が心配な気持ちをもっている。
特に3月の大震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか海抜が高い場所は近辺にあるのかとか聞いてくる。
家内と俺だって恐れているだけれど、気軽に金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
とは言っても、現実に大津波がくるとなってしまった際に逃げのびる通り道を確定していないととそう思う、だけど、しかし、海近くしか近くに道路がないので、しっかり考えたら怖いとわかった。

夢中で口笛を吹くあなたと濡れたTシャツ

甘い食べ物がものすごく好みで、バウンドケーキやだんごなどを自分でつくるけれど、娘が育って作るおやつが気を付けなければならなくなった。
私たち夫婦がとても楽しみながら口にしていたら、娘がいっしょに食べたがることは当たり前だから子供も食べてもいいおやつをつくる。
私は、激甘なものがすごく好きなのだけれども、しかし、娘にはガトーショコラなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖とバターを控えめにつくる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、大変つくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

息絶え絶えで自転車をこぐ母さんとファミレス
某有名芸能人がびっくりするほど突然引退ということで、ニュースやらワイドショーで大量に報道しているが、とってもすごいなと思う。
また変わる代表がどの人になるかという話よりニュースでも順番が前だったし。
どなたが日本の総理大臣になっても変化しないと思う人もとても存在するし、そんなことより某有名芸能人が芸能界をびっくりするほど突然引退というのが何かしら影響がでそうなんですかね。

笑顔で走るあの人と草原

私は仕事の関係で、日光市へ向かうこととても多かった。
北関東に位置する日光は栃木県にあって、海なし県で、背の高い山々に囲まれている。
そのことから、冬が来ると雪景色になり、除雪車やチェーンが必須だ。
紅葉の時期になると、東北道で、2泊3日の予定で行って、帰って、また2泊3日というスタイルがとにかく多く、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は見てきてほしい所だ。
少しだけ紹介させてもらうと、見どころはやっぱり日光東照宮。
江戸時代に活躍した徳川家康の眠っている所で、中の立派な様子に驚くことだろう。
他にも、奥日光に位置する温泉がずらりとある場所。
硫黄泉らしく、白色で、高温の温泉。
この温泉に来ると冷え症が完治するだろうと思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元温泉を目指して多くの湯治客が集まったそうだ。
様子が想像できる歴史のある栃木の日光。
温泉の紹介も兼ね,雑誌などに記載されている日光市に、行きたいと思う。

湿気の多い祝日の朝にゆっくりと
仕事の関係で鹿児島に引っ越してみて、霊前にその日その日、草花をなさっている人々がひしめいているということにあっと驚いた。
老齢の女性は、日ごとに、お墓に菊をあげていないと、近くの目が気にかかるらしい。
その日その日、花をやっているので、月々の切り花代も非常にばかにならないらしい。
日ごとに、近辺のお歳をめしたの女性は墓前に集まって弔花をあげながら、おしゃべりもしていて、墓の陰気な空気はなく、あたかも、人がひしめく広場みたいに陽気な雰囲気だ。

気どりながら体操するあいつと霧

知佳子の住まいのベランダで成長しているミニトマトは、不幸なトマトかもしれない。
枯れる直前まで水分を与えなかったり、好奇心でアイスティーをプレゼントしたり、オレンジジュースを与えたり。
酔った私と彼女に、ウイスキーを飲まされたこともある。
ミニトマトの親である友人は、こんどぜひトマトジュースを与えてみたいという。
もはやトマトの心は全く無視。

気分良く泳ぐ父さんと電子レンジ
江國香織の小説に出てくる女の人は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那意外との恋愛を肯定化する。
けれど、運命的に好きなのは旦那様だけのただ一人。
というヒロインがよく登場するような気がします。
不貞行為を陰だと考えれば、旦那さまは陽。
たまにスイッチが入ったように陰が出てくる。
不倫に対する善悪は置いておいて、その物語のヒロインを研究する。
私の中にもう一つの恋愛に対する考え方や見方が登場することもある。

サイトコンテンツ

クマ

サイトコンテンツ


Copyright (c) 2015 親友は泣かず笑わず喋らない All rights reserved.